まれ ネタバレ あらすじ 感想 12話 告白シュークリーム 告白と蕁麻疹


Ads by Google


まれ ネタバレ,あらすじ 12話 告白シュークリーム


夜、塩田から潮風にあたる希に
元治が話し掛けてきます。

1

本当に他に夢があるのか?
徹のでっかい夢など夢ではない
夢に失礼だと話す元治。

2

元治は徹を見本にするな
自分の気持ちで考えろと言われるも
祭りが優先と問題を先送り。

3

祭に向けて法被を作る希たち
一方、圭太の方も切子の漆塗りが
大詰めて共に徹夜作業。

4

朝方、塗りが終了して
希が綺麗だと感動していると
圭太はケーキ職人の夢を
捨てられないなら捨てるなと一言。

5

何故、圭太がそこまで言うのか希が尋ねると
金沢に転校してからも何かある度
希の事を思い出していたと告白。

6

怖くて夢を捨てようとするなら
ジタバタしながら頑張れ
お前がそういうやつだと・・・

7

輪島大祭当日、希は切子を担ぎながら
これも一つの夢かもしれないと思っていました。

8

みんなで一つになって何かをしたい
夢中になって突っ走りたい
そういう熱い思いが夢なのかもしれない・・・

9

圭太に夢って必要なのかもしれないと希が話すと
明日の3時にみなと橋に来て欲しいと告白。

10

翌日、呼び出した希に圭太は
自分には漆職人になりたい夢がある。

12

親父にも反対されて悩んでいたが
希に再会できて桐子も直せて自信がついた。

11

圭太はつき合って欲しいと告白して
希を抱き締めますが
蕁麻疹が出てしまう希なのでした・・・

13

一方、文は藍子が希を試している事や
徹に本当の気持ちを隠している事に気付いており
徹にははっきり言わないと伝わらないと
アドバイスするのですが・・・

14

まれ 感想 12話 告白シュークリーム


圭太が自分の夢を語るから
夢アレルギーの希は蕁麻疹がでた?

と思ったら
漆でかゆくなったってオチですか?

祭りで圭太に呼び出された時のまれの表情や
手製のクッキーを隠し持ってた辺り
告白だと気付いて心の準備はしてたのかな?

藍子は徹の何に怒っているのか?


以上、まれの12話、ネタバレ、あらすじ、感想となります。


Ads by Google


 
 | 

最後までお読み頂きありがとうございます!

※少しでも参考になればシェアしてもらえると嬉しいです(^^)


 


※頑張って更新するのでフォローしてもらえると嬉しいです(^^)
Twitter   RSS   Facebook   Google+

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ