まれ ネタバレ あらすじ 感想 11話 告白シュークリーム 希を試す藍子


Ads by Google


まれ ネタバレ,あらすじ 11話 告白シュークリーム


はるに東京行きがバレてしまい
喧嘩して家出してきた一子は
しばらく桶作家で過ごすことに。

1

モデルとして頑張るという話を聞いた徹は
一子を応援してパーティーを開こうと提案。

2

一方、圭太の切子の漆塗りも順調で
女性陣はハッピを作ろうと盛り上がります。

3

希は一子の好きなケーキを作ると言うと
一子は上に切れ目の入った
シュークリームをリクエスト。

4

当日、一子の東京行きと
希と徹の誕生日のお祝いも兼ねて
パーティーが開かれます。

5

一子がシュークリームを食べてご満悦の時
はる達がパーティーに乱入してきます。

6

はるは一子に絶対痛い目にあうから
東京行きは反対だと告げます。

7

一子は本当は怖い
モデルで成功すると思えない
だけど東京に行くのは夢だと答えます。

8

そんな一子を見ていた希は
そんなに行きたいのなら仕方がないと
いつの間にか一子を応援するのでした。

9

一子は東京が好きになったのも
小学校の時、家族で旅行に行ったからで
シュークリームは思い出だと話すと
はるはもう少し考えると改めるのでした。

10

夕方、文は一度外に出てみないと
中の良さは分からないと言って
元治が息子の哲也の東京行きを
許したと呟きます・・・

11

希は怖くても夢を叶えるという
一子がまぶしく見えたのでした。

12

13

14

夜、希に本当は夢があるのではと訪ねる藍子。

15

希が言葉に詰まっていると
藍子は地道にコツコツ
公務員になるようにと勧めるのでした。

16

まれ 感想 11話 告白シュークリーム


終盤の藍子の一言は希を試しているのかな?
希の本音を引き出そうとしてる気が。

熱心にお菓子作りまくって
他には特に趣味なさそうだし
夢の見当はついてるかと?

一方、我が子を村に縛りたくない
広い世界を見て欲しくて上京を許し
そのまま息子が帰ってこなくなった桶作夫婦。

津村家を受け入れて良かったのかもw


以上、まれの11話、ネタバレ、あらすじ、感想となります。


Ads by Google


 
 | 

最後までお読み頂きありがとうございます!

※少しでも参考になればシェアしてもらえると嬉しいです(^^)


 


※頑張って更新するのでフォローしてもらえると嬉しいです(^^)
Twitter   RSS   Facebook   Google+

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ