まれ ネタバレ あらすじ 感想 最終回まで紹介

まれ


Ads by Google



まれ ネタバレ,あらすじ 最終回までの概略


夢に向かって頑張る希の成長を
土屋太鳳が演じる第92シリーズのNHK朝ドラ。

父親の徹(大泉洋)が仕事に失敗して
夜逃げ同然に能登半島の外浦村に
引っ越してきた津村家。

当時、小学5年生だった希(松本来夢)は
外浦村の生活に慣れようと奮闘する。

8年後、現実的な性格になった希は
地道にコツコツをモットーに
高校を卒業して輪島市役所に就職。

能登への移住者をサポートする業務を担当するが
困った人を放っておけない性格が災いして
度々、上司である博之と衝突。

仕事に追われながらも
「ケーキ職人」になりたいという
自分の夢を思い出した希。

やがてパティシエになるため
横浜へ上京するのでした。

最終回までの詳細は下で紹介している
まれ,各話,ネタバレあらすじ感想をご覧下さい


Ads by Google


 
 | 

最後までお読み頂きありがとうございます!

※少しでも参考になればシェアしてもらえると嬉しいです(^^)


 


※頑張って更新するのでフォローしてもらえると嬉しいです(^^)
Twitter   RSS   Facebook   Google+

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ