まれ ネタバレ あらすじ 6週 母娘キャロットケーキ


Ads by Google


まれ ネタバレ あらすじ 6週 母娘キャロットケーキ


夕方、希が家に戻ると見知らぬ女性が
台所でケーキを焼いていました。

彼女の名前はロベール幸枝と言い
なんと希や一徹の祖母との事。

感動の初対面になると思いきや
帰ってきた藍子が幸枝を見るなり激怒。

なんと20年以上も藍子と幸枝は
音信不通だったのでした。

幸枝はパティシエとして
フランスでケーキ屋を営んでおり
フランス人の夫と再婚していました。

娘夫婦と孫がお世話になっているから
挨拶に来たとの事でしたが
突然、能登に移住すると言い出します。

もちろん藍子は大反対なのですが
幸枝はお構いなしの様子。

たまりかねた希達が徹に
藍子と幸枝が不仲な理由を問いただすと
渋々経緯を説明するのでした。

さらに、幸枝は能登の食材を使った
フレンチレストランを始めると言い出し
徹もその話に乗ってしまいます。

希は藍子と幸枝との板挟み状態。

そんな折、希の提案で2人が不仲の原因となった
結婚パーティーをやり直すことになります。

幸枝は藍子が好きだった
キャロットケーキを試作し
試食した希は感動。

幸枝からケーキ作りの指導を受けて
ケーキ作りの奥深さに目覚めた希は
毎晩、試作に没頭するのでした。

幼なじみにケーキ作りを楽しく語る希。

そんな希に惹かれる圭太と
複雑な気持ちで圭太を見つめる一子。

そんな折、一徹は幸枝に希が家族のために
ケーキ職人の夢を諦めたのではと打ち明けます。

希もまた幸枝に家族を捨てなくても
ケーキ職人を目指せのではと尋ねますが・・・

ある日、幸枝が徹とレストランの
相談をしていると希のお菓子ノートに気が付きます。

翌日、市役所に希の辞職願いが届きますが
幸枝の仕業と分かり、怒り狂う藍子。

そんな藍子に幸枝は希や徹を
駄目にしているのは藍子だと指摘され
激しく傷つき落ち込む藍子。

文は幸枝に自分の生き方を
藍子に説明するべきだったと諭すのでした。

翌朝、幸枝の姿がどこにも見当たらず
仕方なく希は幸枝が作るはずだった
キャロットケーキを焼くことにします。

結婚パーティーは無事に終わり
徹が幸枝の体調が悪いのではと言い始めると
幸枝がフランス人の夫を連れて戻ってきます。

幸枝は藍子に今までの経緯を
すべて記した手紙を渡します。

そして、希には自分が日本に来た
本当の理由を打ち明けるのでした・・・

以上、まれのネタバレ,あらすじ、6週 母娘キャロットケーキ編となります。

まれ 各話 ネタバレあらすじ感想 最終回まで毎日更新!

  • まれ 最終回までの各話ネタバレあらすじ感想はこちらから読めます!

  • Ads by Google


     
     | 

    最後までお読み頂きありがとうございます!

    ※少しでも参考になればシェアしてもらえると嬉しいです(^^)


     


    ※頑張って更新するのでフォローしてもらえると嬉しいです(^^)
    Twitter   RSS   Facebook   Google+

    この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

    トラックバック&コメント

    この投稿のトラックバックURL:

    コメントをどうぞ

    このページの先頭へ