まれ ネタバレ あらすじ 3週 卒業ロールケーキ


Ads by Google


まれ ネタバレ あらすじ 3週 卒業ロールケーキ


新学期が始まったものの気まずい希。

圭太から告白されたものの
夢アレルギーだったため
蕁麻疹を出してしまったのでした。

希が圭太のことを嫌っている訳では無いと
気が付いた文は夢とは関係なく
圭太を応援したらとアドバイス。

一方、徹も藍子の気持ちを確かめるため
藍子と2人きりで会っていました。

そんな折、公務員になるかケーキ職人になるか
迷っていた希は金沢で開催される
ロールケーキ甲子園への出場を決意するが
藍子に言い出すのは気まずいので内緒。

自分の腕を試そうとやる気を出すが
お金がなくてケーキを試作できず困っていると
一徹からアドバイスされて
能登で手に入る食材を使って作ることに。

一方、東京でオーディションを受ける一子は
まれと一緒に金沢へ遊びに行ったことにして
そのまま東京へ向かうことに。

ロールケーキ甲子園が始まり
希は仲の良い家族をイメージした
「幸せ貧乏家族」というテーマで
ロールケーキを作成するものの惨敗。

審査員である有名パティシエの・・から
味と志の両面でだめ出しされた希。

想像以上にショックを受けて
悔しい思いをした希。

重い足取りで一子と待ち合わせをしていた
輪島高校で向かうと圭太の姿が。

圭太から自分が漆職人に憧れることになった
きっかけを聞かされて元気を取り戻す希。

夜、桶作家に戻った希は
藍子からビンタをくらいます。

希が一子と一緒に東京へ
モデルのオーディションを受けに行ったと
勘違いをしていたのでした。

誤解は解けたものの本当にやりたいことなら
堂々と親を説き伏せてでもやれと
藍子は怒っていたのでした。

さらに、父親面して希をかばう徹にも
藍子の怒りが爆発します。

そんな折、徹が東京に行った事情に
気付いていた元治が助け船を出すのですが
津村家の面々の反応がいまいち。

ついに、徹が結婚する時に約束したことを
未だに果たせないと自暴自棄になり
桶作家を飛び出すのでした。

約束とは何かを聞く希と一徹に
徹との馴れ初めを話し始める藍子。

程なくして藍子は徹を許すのでした。

季節は春になり

圭太は弥太郎の元で修行を続け
一子は引き続きモデルを目指し
洋一郎は親の跡を継ぐべく漁師になり
みのりは農協への就職が決まり
高志は東京の大学に通いながら
ミュージシャンを目指します。

そして、希は輪島市役所に勤める事に。

そんな折、希は圭太を呼び出して
ケーキ職人の夢を諦めた理由を話すと
それでも圭太の夢は応援したい
まだ気持ちが変わっていなければと告白。

しかし、圭太はすでに一子と
つき合っていたのでした。

*掲載しているネタバレはネット上の情報を纏めたものであり
実際の放送内容とは異なる場合がありますのでご了承下さい。


以上、まれのネタバレ,あらすじ、3週 卒業ロールケーキ編となります。

まれ 各話 ネタバレあらすじ感想 最終回まで毎日更新!

  • まれ 最終回までの各話ネタバレあらすじ感想はこちらから読めます!

  • Ads by Google


     
     | 

    最後までお読み頂きありがとうございます!

    ※少しでも参考になればシェアしてもらえると嬉しいです(^^)


     


    ※頑張って更新するのでフォローしてもらえると嬉しいです(^^)
    Twitter   RSS   Facebook   Google+

    この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

    トラックバック&コメント

    この投稿のトラックバックURL:

    コメントをどうぞ

    このページの先頭へ