まれ ネタバレ あらすじ 1週 魔女姫バースデーケーキ


Ads by Google


まれ ネタバレ あらすじ 1週 魔女姫バースデーケーキ


大きな夢を持てという期待を込めて
「まれ」と名付けられたが
超堅実な子供に成長してしまった希。

小学5年生の夏
希たち津村家は能登半島の小さな漁村
外浦村に引っ越してきました。

夢追いがちで職を転々としてきた
父親の徹が自己破産したためです。

しかし、借りる予定だった借家が
家主の都合で借りられなくなり
しばらくの間、元旅館だった
桶作家の家を間借りすることに。

そこで、元治の塩作りを目の当たりにして
これこそ地道にコツコツだと心酔する希。

一方、近所の子供たちに誘われて
夏祭りの子供相撲の練習に付き合うが
言葉の違いのせいもあり
なかなか馴染めない希。

希とは逆に地道に働けない徹。

塩田にビジネスのにおいを感じ
元治に持ちかけるも一喝されてしまい
そんな徹に怒り心頭の希。

家族の為、文に気に入られようとする希。
しかし、文や元治はお見通し。

そんな希を気づかい元治が希に
将来の夢はないのかと尋ねると
希は昔はケーキ職人になりたかったと告白。

しかし、徹のせいで夢を諦めたのでした。

希に嫌われてしまった徹は
心を入れ替えて元治の塩田で働くことに。

一方、希は地元に溶け込もうと
能登の言葉を勉強するのだが苦戦。

そんな折、自分と同じく寂しそうな様子の
圭太と出会うのでした。

元治も楽しみにしていた地元の夏祭りが
山車の担ぎ手不足との理由で
中止になるかもと聞いた徹は
塩田の仕事をほったらかして
祭の開催に向けて行動。

そんな折、文と哲也の問題に触れた藍子に対して
文が言った「自分の居場所は自分で守る」に
心を打たれた希は家族の笑顔を取り戻すため
久しぶりにケーキを作るのですが
酔っぱらって帰った徹がケーキを破壊。

真面目にコツコツ働くという約束も破り
怒った希は1人東京に帰ると家出。

そんな折、夏祭りの開催の是非を問う
会議が行われていると聞いて駆けつけた希。

一子からよそ者には関係ないと
言われたことで希ブチギレ。

流暢な能登の言葉を披露して
自分の悩みを打ち明けます。

そんな希に心を打たれた文は
正式に津村家に部屋を貸す事に決めたのでした。

そして、徹が夏祭りの開催に動いていたのは
希たちの為であったことを知り
希と徹は仲直りするのでした。

*掲載しているネタバレはネット上の情報を纏めたものであり
実際の放送内容とは異なる場合がありますのでご了承下さい。


以上、まれのネタバレ,あらすじ、1週 魔女姫バースデーケーキ編となります。

まれ 各話 ネタバレあらすじ感想 最終回まで毎日更新!

  • まれ 最終回までの各話ネタバレあらすじ感想はこちらから読めます!

  • Ads by Google


     
     | 

    最後までお読み頂きありがとうございます!

    ※少しでも参考になればシェアしてもらえると嬉しいです(^^)


     


    ※頑張って更新するのでフォローしてもらえると嬉しいです(^^)
    Twitter   RSS   Facebook   Google+

    この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

    トラックバック&コメント

    この投稿のトラックバックURL:

    コメントをどうぞ

    このページの先頭へ